J Magazine 2021,May

日頃より当クラブをご愛顧いただきありがとうございます。
J STRUCTの伊藤です。

5月より、当クラブの会員様をはじめ、体験者様、ビジター様など関わる全ての方々に向けて、テニスにおける「なるほど!」という情報を、月に一度お送りさせていただきます。

今回は日頃皆様から頂くテニスのお悩みについて、私なりにお答えしたいと思います。

Q.どうすれば予測(読み)ができるようになりますか。

A.まずは自分のポジションを把握することです。基本的に相手は自分の陣地の空いているスペースに打ってくると思っておいたほうがいいでしょう。もう一つ大切なのは、「自分だったらどこを狙うか」という視点を持つことです。

つまり、自分が相手の陣地の空いているスペースを狙っているように、相手は自分の陣地の空いているスペースを狙っているのです。それを前提に、上級者同士の試合になりますと、お互いの予測の裏をかくショットや、警戒していないタイミングで思いもよらないコースに打つようなショットで、相手との駆け引きが行われます。

その場合、1ポイントはそのショットで取られてもしょうがないです。大切なのは、同じシチュエーションの時に同じようなショットでポイントを取られないよう次回から警戒して動くことです。

いかがでしたでしょうか。今回の内容が皆様のレベルアップに少しでも役立ちますと嬉しいです。

よくわからなかった方やもっと深堀りして聞きたい方、実際にプレーをしながら教わりたい方は、是非またレッスンにお越しいただき、コーチへご質問いただけたらと思います。

また、当クラブではテニス用品の販売と併せてスタンプカードを発行しており、スタンプが貯まった方にはレッスンチケットをプレゼントさせていただいておりますので、何かお買い物の機会がございます際は是非フロントまでお問い合わせください。

今後も皆様のテニスに役立つ内容を発信できるよう努めてまいりますので何かリクエストがございましたら是非お申し出ください。

今後ともJ STRUCTを宜しくお願いいたします。

J STRUCT
代表 伊藤

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です