J Magazine 2022,April

日頃より当クラブをご愛顧いただきありがとうございます。
J STRUCTの伊藤です。
当クラブの会員様をはじめ、体験者様、ビジター様など関わる全ての方々に向けて、テニスにおける「なるほど!」という情報を、月に一度お届けしております。

4月9日(土)に開催させていただきました「春のショット別レッスン&実戦型ダブルス強化レッスン」では沢山の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。
残念ながら今回ご参加できなかった方も、また5月にも楽しいイベントを計画中ですので、是非次回はご参加いただけたらと思います。

さて、今月のテーマですが「対戦相手の分析」についてです。
試合では対戦相手の苦手なショットや得意パターンなど、様々な要素を頭に入れて戦わなくてはなりませんが、次の対戦相手の試合を偵察したり、前情報が無い場合は試合をしながら分析する必要があります。

そこで今回は、私が対戦相手を分析する時にどんなことを考えているのかをいくつかご紹介したいと思います。

①相手の得意なショット、苦手なショットを観察する
まずはサーブ、ストローク、ボレーなど全てのショットにおいて得意なショットと苦手なショットを観察します。
その際には、相手のグリップの持ち方やスイング軌道もよく見ていただきたいポイントです。
そうすれば、どんな回転で・どのコースに・どれくらいのスピードで打ってくるのかなども頭に入れることができます。
例えばストロークのグリップが厚い方はスピン系のボールを打つのが得意なので、深く高いボールやショートクロスに打ってくる可能性が高いです。
しかし、こちらから低く伸びるボールを打つとミスヒットする可能性もあります。
また、バックボレーのグリップが厚い方は逆クロスやストレートにフラット系のボレーを打つのが得意なので、ポーチボレーなど前に詰めてどんどんプレッシャーをかけてくる可能性が高いです。
しかし、そのグリップでのアングルボレーは打ちにくいはずなので、相手がバックボレーを打つ時はショートクロス以外のコースをケアするとよいでしょう。

②「揺さぶり」に対する対処の仕方を観察する
速い球、遅い球、高く跳ねる球、低く滑る球、深い球、浅い球、サイドに走らされた球、足元に落とされた球など、「揺さぶり」には色々なものがありますが、それぞれの球に対する返球の仕方を観察します。
色々な球を打たせることにより、効果的な球種や、逆効果になる場合などもできるだけ早めに見つけておくとよいでしょう。

③勝負所でのプレーを観察する
大抵の選手は「ここぞ!」という勝負所で、自分が一番自信を持っているプレーをしますので、それを予測することができれば対策をとることができます。
また、プレーの内容も大切ですが、その時に私が一番注目しているのはメンタルです。
一番プレッシャーがかかる場面で、攻めるのか、守るのか、力むのか、リラックスしているのか。そして、ポイントを取った時、取られた時にどんな表情やリアクションをしているのかも観察します。
もしリアクションが大きければ、相手がメンタル的に追い詰められていたことが分かるので、この高い山にも「ようやく山頂が見えてきた」と、もうひと踏ん張りすることができます。
反対にリアクションがほとんど無く冷静な様子を見せられると、目の前の山の高さが計り知れず、こちらも緊張の糸を張り続けなければなりません。

上記①②③の内容は、できれば偵察をする立場として自分はコートの外から分析したいところです。

ですので、日頃から大会会場での待ち時間など、空いている時間で色々な選手の試合を見ながら「もし自分がこの選手と対戦するとしたら…」と、暇さえあれば分析をする習慣づけが大切だと思います。

いかがでしたでしょうか。今回の「J Magazine」が皆様のレベルアップに少しでも役立ちますと嬉しいです。よくわからなかった方やもっと深堀りして聞きたい方は、是非またレッスンにお越しいただき、コーチへご質問いただけたらと思います。

★ビジター(単発)受講のお知らせ★
当クラブでは、ご希望のクラスに在籍して毎週受講いただくコースの他に、ご希望のクラスのレッスンをビジター(単発)で受講いただけるシステムがございます。
最近はビジター受講でのお申込が増えてきており、お忙しい中でも限られた時間で質の高いレッスンを受けたい方には特にお勧めしております。
また、ビジターにてご受講いただきました当日は、レッスンの合間の空いているコートをフリーコートとして無料でご利用いただけます。
詳しくはフロントまでお問い合わせください。

今後も皆様のテニスに役立つ内容を発信できるよう努めてまいりますので何かリクエストがございましたら是非お申し出ください。
今後ともJ STRUCTを宜しくお願いいたします。

※今後、メール配信不要の方は、お手数ですがその旨ご記入のうえご返信ください。
その場合、当クラブからのイベント等のお知らせメールも届きませんのでご了承ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。